女性へ間接的に好意を伝える方法

女性へ間接的に好意を伝える方法

女性間接的好意伝える方法をご存知でしょうか?

 

女性へ好意を伝えるのは、時として間接的に伝えた方が効果的な場合があります。

 

それはどういう時かというと、あなたの好きな女性があなたにまだ好意をもっていない時です。

 

女性があなたのことを異性として、恋愛対象として意識していない時は、間接的に好意の気持ちを伝えた方が効果的です。

 

理由は、女性心理としては、好意をもっていない人から告白されると「え!なんで私?」と戸惑い、引いてしまうからです。

 

「そんなこと、突然言われても・・・。」

 

と女の子としては困ってしまうのです。

 

なので、まだあなたに対して好意をもっていない女性に対してアピールする場合は、間接的に好意の気持ちを伝えた方が効果的なのです。

 

 

ちなみにストレートに「好きだ!」と好意の気持ちを伝えてよいのは、女性がすでにあなたに対して好意をもっている時です。

 

この場合は、逆に間接的に遠回しにアピールしようとすると「いつまでモジモジしてるの!」と逆ギレされることもあります。^^;

 

脈ありと判断できる場合は、ストレートに告白する方が女性には喜ばれます。

 

 

間接的に好意の気持ちを伝える方法

 

1.妄想話をする

 

妄想話なら大抵はどんな話をしてもOKです。

 

そんな妄想話の中であなたの思う理想的な状況を好きな女性の前で語るのです。

 

「今度花火大会があるらしいけど、俺も彼女がいれば一緒に行って楽しむんだけどなー。」

 

「俺も雨の中、好きな子と相合傘してみたいなー。」

 

「見たい映画があるけど、できれば彼女と行きたいなー、今いないけど・・・。」

 

こんな感じの軽い妄想話をすると女心としては、

 

「あたしの前でなんでそんな話をするの?もしかしてあたしへのアピール?」

 

と女性も勝手に妄想してくれるのです。

 

そして、あなたがハッキリと「好きだ!」と言っていないのに、あなたのことを異性として意識しだすのです。

 

このような方法で、間接的に好意の気持ちを伝えるとそれが恋のはじまりのきっかけとなり、徐々に女性と距離を縮めていけます。

 

 

2.褒める

 

褒めて間接的に好意の気持ちを伝える方法があります。

 

例えば、

 

「○○さん(あなたの好きな人)みたいな人と結婚したいな。きっといいお嫁さんになると思うよ♪」

 

「料理が上手だね。これだと周りの男が黙ってないな♪」

 

「○○さんと一緒にいると落ち着くな。楽しいし♪」

 

「今日の髪型似合ってるね。それで合コン行ったらモテモテだと思うよ♪」

 

こんな感じでストレートに告白していないけど、女性が喜ぶような言葉を言うと「え?あたしになんでそんなこと言うの?」とやはり疑問に思い、あなたを意識しはじめるというわけです。

 

褒め方としてのポイントは、ただの褒め言葉ではなく、女性を意識させる褒め言葉”、”女性をドキッとさせる褒め言葉”で考えてみるとよいでしょう。

 

 

 

今回ご紹介した女性へ間接的に好意を伝える方法は、直接告白するわけではないので、雑談の中で気軽にできます。

 

もし失敗しても笑って流せるようなことなので、是非チャレンジしてみてください。

 

それでもし女性が食いついてきたら脈ありです!

 

間接的に好意の気持ちを伝えて、「あたしのこと、もしかして好きなの?」と意中の女性に妄想させちゃいましょう〜

なぜ女性はLINEを無視する?

諦めるのはまだ早い!

もう1度好意をたぐり寄せるLINE術「特集」

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑


女性へ間接的に好意を伝える方法関連エントリー

最新記事