好きにさせる駆け引きのコツ

好きにさせる駆け引きのコツ

好きにさせる駆け引きのコツの1つとして、”妄想させる”というのがあります。

 

これは片想いの女性を好きにさせる効果(結果)がわかりにくかもしれませんが、一定のやる意味はあります。

 

やらないよりはやってみることをおすすめします。

 

 

 

コツとしては、あなたが好きな女性の頭の中で、あなたのことをイメージしたくなる(考えたくなる、考えないといけなくなる)ことを言ったり、態度を見せたりします。

 

 

 

例えば、よく聞く例としては、女の子が、

 

 

「あの人、私のこと、好きなのかしら・・・?」

 

 

と妄想することがありますよね?

 

 

 

少し男が優しくしたら、「あの彼、わたしのこと好きなのかも?!」と頭の中で思ったり。

 

そう思う態度をとったり、言葉をかけるという方法です。

 

これを何度も繰り返すことで、彼女の頭の中でいつもあなたが登場することになり、次第に気になる存在になり、気がついたらあなたのことが好きになる(好きにさせる)というテクニックです。

 

 

 

少し微妙で地味なテクニックですが、好きな子の頭の中に何度もあなたを登場させるというのは、好きにさせる駆け引きとしてはとても重要なことです。

 

時間はかかりますが、やる意味はあります。

妄想させるやり方

 

コツとしては、女性がひとりになったときにあなたのことを考える(気になる)言葉をかけたり、態度を見せたりすればよいです。

 

 

 

例えば、たまにチラチラと視線を送る(目が合う)のも、女心としては気になる態度になります。

 

 

 

また、好きな子に限定して優しくする(特別扱いする)態度も気になる態度になります。

 

例えば女の子から頼まれてもいないのに、いつも自分のとついでに彼女の机の上を拭く(掃除する)、コーヒーを入れるなど。

 

参考:特別扱いに弱い女心

 

 

 

メールやLINEで気になるメッセージを送るのもよいです。

 

 

 

あなた「スキーは好き?」

 

彼女「好きだよ♪なんで?」

 

あなた「そうなんだ。」

 

 

 

はっきりした答え(返事)をしないことで、女性に「え?何?」と妄想させることができます。

 

 

 

「今、彼氏いるの?」

 

「好きなタイプは?」

 

「休みの日は何してるの?」

 

などの質問で「え?なんでそんなこと聞くの?」と女性に妄想させることもできます。

 

参考:軽く好意の気持ちを伝える

 

 

 

このように女性にあなたのことをいろいろと妄想させる態度をとることで、徐々に”気になる人 → 好きにさせる”ことができます。

 

 

 

 

 

女性がひとりになったときにあなたのことを考えるというのは、あなたの存在を意識する、異性として意識するはじまりです。

 

女心の中であなたが気になる存在にならなければ、好きになることはないです。

 

どうでもいい人のことをひとりになったときに考えたりしません。(思い出したりしません)

 

 

 

好きにさせるためには、女性がひとりになったときにあなたのことを妄想させるように行動してみましょう!

なぜ女性はLINEを無視する?

諦めるのはまだ早い!

もう1度好意をたぐり寄せるLINE術「特集」

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑


好きにさせる駆け引きのコツ関連エントリー

最新記事