告白せずに強いアピールをする方法

告白せずに強いアピールをする方法

告白せずに強いアピールをする方法がわかると、女性を口説きやすくなります。

 

理由は、女心は告白のようなストレートな意思表示より遠回しなアピールの仕方の方が、恋愛するための心の準備ができるからです。

 

もちろん、告白がいけないわけではありません。

 

告白は告白で女心をつかむ大切な行動です。

 

でも、告白は告白するタイミングが難しく、まだ女心がよくわからない人にはお勧めできません。

 

まだ女心がよくわかっていない場合は、告白よりも”強いアピールをする方法”で好きな人を口説いてみることをお勧めします。

 

その方がいくらでもやり直しがききます。

 

告白は1度振られる(断る、拒否する)という結論を相手に出されると再度アタックしても受け入れられるのが難しいというデメリットがあります。

 

ここは慎重に好きな女性にアピールしていきましょう!

 

 

 

女心にアピールする方法でお勧めなのは、単純ですが”声をかける”です。

 

女性心理を理解していないと”なぜ?”と思うかもしれませんが、女性にとって声をかけられるということは、”あたしに心を開いてくれている人”という認識になるのです。

 

女性は心を開いてくれる人に心を開きます。

 

好意を持ってくれる人を好きになるのと同じことなんです。

 

 

 

声をかけるだけでも女性への強いアピール方法になりますが、さらに女性に恋愛対象として意識させるコツがあります。

 

それは”気遣い”です。

 

ただ好きな人と雑談するだけでもコミュニケーションがとれて、親近感が増すという効果が期待できます。

 

お互いのことがわかれば、仲良くなり、そこから恋愛に発展することも考えられます。

 

それだけでもOKですが、女性に”声をかける”方法の中に”気遣い”を入れると女心のあなたに対する印象はさらに強くなります。

 

 

 

女性は優しい人が好きです。女性に声をかける時に”気遣い”を入れると自分の存在を認めてくれていると感じ、嬉しいのです。

 

女性心理では、特別扱いしてほしい、という願望があります。

 

気遣いは、その女心の願いも叶えていることになるのです。

 

 

 

好きな人に告白しなくても”声をかける”ことや”気遣い”で十分、好意の気持ちをアピールすることができます。

 

女性が恋愛をする時は”さりげなさ”を好みます。

 

自然な流れで好意の気持ちが伝えられると女の子も受け入れやすくなりますよ!

 

 

あなたは好きな人に告白しようと焦っていませんか?

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

最新記事