女性に嫌われる話し方

女性に嫌われる話し方

女性嫌われる話し方をしていませんか?女性と会話することは、二人の仲を深めるために大切なことです。でも、女性との話し方を間違えている人をよく見かけます。これは女性心理を知らない、理解していない人がよくやっています。女性があなたと会話している時にどんなことを考えているかをご紹介しながら、女性に嫌われる話し方をご紹介します。

 

女性に嫌われる話し方の1つに”一方的に話す”があります。会話は相手とキャッチボールしないと楽しくありません。それを男は、自分の得意な分野の話や自慢話をずーとひとりでしゃべっている人が多いです。そんな時、女性心理としては、興味のない内容なら”退屈”、”つまらない”、”もう二度とこの人とデートしない、会わない”と考えています。女性と話す時は、女心が好む話題で会話する気遣いが大切です。

 

好きな人と話す時は、一方的にしゃべらずに相手にも話す機会を与えましょう。そのためには、”質問”することが大切です。自分のことをしゃべってはいけない、という意味ではありません。あなたのことをしゃべったら、そのことについてどう思うか?などを女性に質問し、相手にも話す機会を作ることが大切です。これが会話のキャッチボールです。人の心理は、話した時間が多ければ多いほど、その時間が楽しかった、と感じます。好きな人を楽しませるコツは、たくさんしゃべらせることと言えます。

 

また、できれば女性と話をする時は、女心が興味をもつ話題にすることがベターです。一般的な女の子が興味を持ちそうな話題はたくさんあります。旅行、グルメ、ファッション、美容、健康、占い、芸能など。そんな相手の女性が興味をもつネタで話をすれば、女心をつかみ、楽しい時間を過ごすことができます。

 

女性に嫌われる一方的な話し方をしていないか、一度自分を客観的に見てみてください。そして、女性と会話すると同時に相手の表情もよく観察しましょう。話がつまらない、退屈と思っている女性は、その気持ちが表情に出ることが多いです。女性の気持ちを察してつまらなそうな態度をしていたら、話題を変えるなどの配慮のできる男がもてる男と言えます。あなたも楽しい会話のできる”もて男”を目指してくださいね!

 

あなたは好きな人に嫌われる話し方をしていませんか?

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

最新記事