悪い口説き方

悪い口説き方

悪い口説き方をあなたはしていませんか?好きな女性を口説く時には、女性心理に合った口説き方をしないと失敗します。いくらあなたが好きな女性に好意をもっているとしても、その愛情の伝え方が悪いと折角のアプローチも無駄に終わってしまいます。あなたが悪い口説き方をしていないか?今回は口説かれる女性心理と一緒にご紹介します。

 

悪い口説き方の1つに”曖昧な口説き方をする”があります。曖昧とは、”ハッキリしない”ということです。どういうことかというと、男の意図がわからない口説き方をすると女性心理は不安になり、警戒するのです。

 

例えば、あなたが好意を持っている女性を突然飲みに誘ったとします。その女性があまり親しくない女性だとどう思うと思いますか?女性は頭の中で「どうして?」と思います。「何のために?」と思います。女性心理では、理由がないことに動こうとしません。それは警戒しているからです。女心の警戒心を解いていないまま口説こうとすると女性は余計に警戒してしまい、口説きは失敗に終わるのです。

 

好きな人を口説く時には、ハッキリとしたわかりやすい口説き方をすることが女性心理を不安にさせないコツです。食事に誘うにしても具体的に女の子が行きたくなるような理由付けをして誘いましょう。行く目的がハッキリすれば、女性も喜んであなたの誘いにのるでしょう。

 

そして、あまりネチネチ誘うのはいけません。相手の女性が都合が悪いと断っているのにしつこくデートに誘おうとするのは、女性に与える印象がよくありません。好きな人をデートに誘う時は強気で。でも、断られたらあっさり引く。これを繰り返していると、数回目の誘いにOKしてくれるようになります。何度も誘いに拒否していると女心に罪悪感が生まれ、あなたの誘いに根負けしてしまうのです。

 

女性を口説く時は、目的や意思をハッキリ伝え、女心を不安にさせないようにしましょう!

 

あなたは女心を不安にさせる口説き方をしていませんか?

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

最新記事