失敗するレディーファーストのやり方

失敗するレディーファーストのやり方

失敗するレディーファーストやり方をあなたはしていませんか?女性に”レディーファーストをすると喜ぶ”というのは、昔から言われています。元々は外国の習慣ですが、日本の女性もレディーファーストされると気分がよいので、男性がしないと「女心がわかってない!」と怒り出す人もいます。日本の男もレディーファーストを常識として、していかないと彼女ができないということにも成りかねないのです。そこでレディーファーストをしよう!という気持ちをもつことは大切なのですが、やり方を間違えている人がいます。今回はレディーファーストの正しいやり方についてご紹介します。

 

レディーファーストは、女性に対する”優しさ”、”思いやり”の態度です。だから、好きな人に優しくしてあげればいい、気を遣ってあげればいい、と思っている人がいます。もてない男はよくこう考えています。考え方は間違っていません。でも、使うタイミングを間違えると嫌われる原因になるのです。

 

どういうことかというと、出会って、や付き合い始めて、いきなりレディーファーストをすると嫌われる可能性大です。理由は、いきなり”いい人”、”優しい人”の印象を相手の女性に持たれてしまうと、後は落ちていくしかないからです。

 

女性心理では、いい人が嫌なことをする人より、嫌な人がいいことをする方が愛情が継続しやすいのです。つまり、”第一印象は優しい人と思われない方がよい”のです。第一印象は、冷たい人とは言わないまでも、”素っ気ない人”くらいに思われる方がちょうどよいのです。女性心理としては、素っ気ない人が優しいことをしてくれた方が、感激が強いのです。いい人がいいこと(優しいこと)をするのは、当たり前と思ってしまい、感激がないのです。

 

レディーファーストは女心をつかむために大切なことと言いますが、使うタイミングを間違えると恋愛を失敗させる原因になります。これは女心をどれだけ理解しているか?が重要になります。でも、もう大丈夫ですよね?個人的な意見としては、レディーファーストはたまに、でよいと思います。その方が女性の感激も大きいでしょう。あなたも優しさの見せ方は気をつけてくださいね!

 

あなたはレディーファーストのやり方を間違えていませんか?

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

最新記事