女性の間違った口説き方

女性の間違った口説き方

女性間違った口説き方をあなたはしていませんか?普通は好きな人ができると自分を良く見せたい、かっこいい人と思われたいとアピールします。それもやり方として悪くはないのですが、場合によっては女性が逃げてしまうアピールの仕方です。どうして自分の良いところをアピールして逃げられてしまうのでしょうか?今回は女性の間違った口説き方をご紹介します。

 

好きな人に好意の気持ちを伝えることは大切なことです。ただ、相手があなたのことを恋愛対象として見ていない内からアピールすると女心は逃げてしまうのです。好きな子にアピールするには、アピールするタイミングを見極めることが大切なのです。

 

女性は警戒心の強い生き物です。信頼していない人からいくら好意の気持ちをアピールされても重荷に感じ、逃げます。うさぎを追いかけると逃げるようなものです。まずうさぎに警戒心を解いてもらう努力をしましょう。女性を口説くのに焦ってはいけません。

 

では、どうやって女性の警戒心を解けばよいでしょうか?まずは友達を目指しましょう。仲のいい関係でなければ、お付き合いは始まりません。とにかくたくさん会話しましょう。でもここで注意が1つ。少しでも脈ありサインを感じると告白する人がいます。「これはいける!」と思ったのでしょうが女性の警戒心はそんなに簡単になくなりません。じっくり長期戦で行くことを覚悟しましょう。

 

女心をつかむことの基本は、”あなたと一緒にいて楽しいか?”です。友達になり、仲良くなって、そしてさらにその上の”あなたと一緒にいると楽しい”と思わせるようにしましょう。そこまでくれば、告白のタイミングとしてはOKです。きっと彼女も喜んでOKしてくれるでしょう。

 

好意の気持ちのアピールは、いわゆる力技です。女心は力技では口説けません。もし口説けたとしても長くは続かない恋愛になります。理想は女性から好意を持たれることです。”あなたと一緒にいると楽しい!”こう思わせることが女性を口説く最短の方法です。

 

あなたは女性の間違った口説き方をしていませんか?

最新記事