恋愛 メールで注意すること

恋愛 メールで注意すること

恋愛メール注意しないと女性に嫌われてしまうことがあります。メールというのは、今や恋愛には欠かせないツールですが、使い方を間違えると好きな人に嫌われてしまう要素をもっています。どんな間違った使い方をすると好きな子に嫌われてしまうのでしょうか?今回は恋愛のメールで注意することをご紹介します。

 

女性の同士の間では、メールはコミュニケーションツールとして使われています。メールの書き方から相手の感情、気持ちを読み取ろうとするのです。なので、メール文章の書き方がいつもと微妙に違うとそこから不安や心配、疑いを持つことがあります。

 

例えば、女性からメールが来たのに、いつもより返信する間隔が長い(返信が遅い)場合。女性心理としては、「どうしたのかな?何かあったのかな?」と不安になります。また人によっては、「私のこと、もうどうでもいいと思っているのかな・・・。」と男の愛情が冷めたととる女性もいます。

 

また同じような女心としては、男がいつも絵文字を使ってメールしてくるのに、ある日、絵文字を全く使っていないメールが来た時、いつもは文章の内容ごとにわかりやすく改行をしているのに、ある日、全く改行のない(気遣いのない)メールが来た時も男の感情が冷めた、冷たい、適当と思われます。メールの書き方の微妙な変化は、女心を傷つけることがあるので注意が必要です。

 

もう1つ恋愛のメールで注意して欲しい点があります。それは”メールの文章では、気持ち(感情)が伝わりづらい、勘違いしやすい”というところです。例えば、メールの文章の中に「もういいよ。」と一言書いたとします。「もういいよ。」だけだと「もういいよ。君は役に立たないから。」という冷たい意味にもとれるし、「もういいよ。俺ひとりで大丈夫だから。ありがとう。」という気遣いの意味かもしれません。言葉足らずに終わるとメールの文章は誤解を受けやすいのです。メールを書く時は、感情の伝え方を少しオーバーにするくらいがお勧めです。

 

このように恋愛のメールで注意することはいくつかあります。自己流もあると思いますが、女心を傷つけないように上手に恋愛でメールを使ってくださいね!

 

あなたは好きな人が傷つくメールを送っていませんか?

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

最新記事