女の子が傷つくこと

女の子が傷つくこと

女の子傷つくこととして”無関心”があります。

 

無関心とは、無視しているつもりはないけど、女の子に対して”興味がない”、”話すことがない”、”声をかけない”ということです。

 

”何もしない”ことが、女心を傷つけるのです。

 

あなたは無関心な人として周りの女の子に嫌われていませんか?

 

 

 

男の中にこう考えている人がいます。

 

 

「俺になんて興味ないだろうから話しかけるだけ迷惑だろう。」

 

「俺が話しかけても邪魔なだけだろう。」

 

「女の子はそっとしておいた方がいいだろう。」

 

「彼女は俺の存在を意識していないだろう。」

 

 

このように女の子に気を遣って、遠慮している考えをもっている人は、考え方を改めましょう。

 

女心は、話しかけてくれる人に好意をもちます

 

そして、逆に話しかけてくれない人には極端な話、嫌悪感をもち、女心は傷ついているのです。

 

 

「あの人は、私のことが嫌いみたい。」

 

「私の存在を認めてくれない。」

 

「あたしに全く興味ないのね。」

 

 

女の子に声をかけないということは、イコール女心を傷つけることになるのです。

 

この気持ちを男で理解している人は少ないです。モテ男は、その辺をよくわかっています。

 

他にもメールや電話でも女の子が”連絡の頻度が少ない”と感じると”無視されている”と思い、傷つきます。

 

よくある話で、付き合う前は毎日連絡をとっていたけど、付き合いだすと男は安心してしまい、メールや電話の頻度が減ります。

 

それを女性心理としては、”嫌われた”、”愛情が冷めた”と思い、傷つき、別れ話に発展してしまうことがあるのです。

 

 

 

無視、無関心は、知らない内に女心を傷つけているので、周りにいる女の子には、積極的に声をかけていきましょう!

 

 

あなたは女の子に声をかけることを面倒くさがっていませんか?

最新記事