初対面で成功するアピールの仕方

初対面で成功するアピールの仕方

初対面成功するアピール仕方は、どういうものだと思いますか?

 

初対面の場となるといろいろなシーンがあります。職場、合コン、出会い系パーティー、お見合い、友達の紹介など。その時に失敗するアピールをしているのは、モテない君で、自分の良いところを売り込もうとする姿を良く見かけます。これだと女性はいきなり引いてしまい、よい印象を与えることはできません。では、初対面で成功するアピールの仕方とは、どういうことを言うのでしょうか?

 

女性心理には、”追うと逃げる”という性質があります。まだ初対面で警戒心のとれていない内から、自分の良いところをアピール(追う)しても引いてしまう(逃げてしまう)のです。では、まず初対面の女性にしないといけないことは何でしょうか?

 

それは警戒心を解くこと、つまり、女性心理にこう思わせることです。

 

「おもしろそうな人だな。」
「いい人そうだな。」
「誠実そうな人だな。」
「変な人じゃないみたい。」
「もっと一緒にいたいな。」
「もっと話したいな。」
「楽しそうな人だな。」

 

こう思わせることができれば、女性の警戒心は自然ととれ、心を開いてくれるのです。

 

初対面の段階では、自分のメリットをアピールせず、普通の雑談をして少なくとも「変な人ではない。」と思わせることに全力を尽くしましょう。それが親密な関係になるための遠回りのようで近道なのです。

 

逆に言うと、警戒心のとれていない女性に対して、何をアピールしても無駄に終わります。

 

デートの誘いや食事の誘いなどをしても、あっさりと拒否されます。あなたと「行きたい!」と思っていないからです。

 

女性に「行きたい!」または「行ってもいいかな。」と思わせるには、それなりの準備が必要です。あなたのことを何も知らない場合や、よい印象がない状態で誘っても女性があなたの誘いをOKしてくれることはまずないでしょう。

 

もし誘いをOKしてくれることがあったとしたら、それは誘いのネタに余程の魅力がある場合です。

 

例えば、

 

・高級レストランのフルコースをご馳走する
・女性がちょうど見たいと思っていた映画に誘った

 

この場合は、一時的に誘いにのってくれるかもしれませんが、それはあなたを利用しただけで恋愛が進展したわけではありません。これをきっかけに恋に発展することもあるかもしれませんが、ポイされてもいい!という覚悟があるなら、誘ってみてもよいでしょう。

 

女性対面で女性の警戒心を解くことに成功している人は、なかなかいません。自分を売り込もうとしているからです。売り込みに焦らず、自然なあなたをアピールしましょう。それが一番の自己アピールになります。

 

あなたは恋に焦っていませんか?

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

最新記事