かっこいい男になるには

かっこいい男になるには

かっこいい男になるには、何が必要だと思いますか?

 

いろいろありますが、女性からかっこいい男と思われるための1つの条件として”優れた能力をもっている”と認められる、評価されることがあります。

 

理由は、女性心理は尊敬できる人に好意をもつ傾向があるからです。

 

逆にいうと尊敬できるところがない異性を好きになることはありません。

 

あなたの意中の女性から好意をもたれるためには、その女性から尊敬されることをもっていることが必須条件になります。

 

そこで、女性に尊敬されるための1つの方法として、あなたの”優れた能力を見せつける”があります。

 

意中の女性にあなたの優れた能力を見せつけることで、女心は、「この人、すごい!」と感激し、あなたに興味をもち、意識するというわけです。

 

例えば、学生時代だと運動、スポーツのできる男子はモテていませんでしたか?

 

  • バスケットが上手い男子
  • テニスが上手い男子
  • 足がはやい男子
  • サッカーの上手い男子
  • 野球が上手い男子

 

こういう運動のできる男子は、運動会、体育祭や部活などで目立ちますよね?

 

そして女性にキャーキャー言われ、モテていたと思います。

 

それは女子より優れた能力があることがわかりやすく伝わっていたからです。

 

だから、運動、スポーツでのできる男子はモテやすいのです。

 

 

また、会社ではどうでしょうか?

 

仕事のできる男は、女子社員からモテていませんか?

 

営業成績が1位、2位の男子社員は、嫌でも目立ちます。

 

女子社員が気にしないわけはありません。

 

仕事ができる男は、女性心理からしても将来有望で、給与もそこそこもらっているだろうと予想がつき、結婚対象として見られ、モテるのです。

 

 

この2つの例から言えるポイントは、”目立つ”ことです。

 

ここでいう”目立つ”というのは、その場面、シチュエーションで1番、2番になっていることです。

 

つまり、ただ”運動ができる”、”勉強ができる”、”仕事ができる”では女心には弱いのです。

 

理由はそれだけでは目立たないからです。

 

やはり、その場面、シチュエーションで1番、2番くらいになっていないと女心をつかむことはできません。

 

女性は優れた能力をもっている男を求めます。

 

なので、その場面でもっとも優れた男に目がいくのです。

 

そのため、4番、5番の男では物足りないのです。

 

女心をつかむには弱いのです。

 

女性心理の中でかっこいい男になるには、その場面でもっとも優れた男になることが、女心をつかむポイントです。

 

 

 

では、どうやって”もっとも優れた男”になればよいでしょうか?

 

「俺なんて仕事できないし、運動できないし、勉強できないし、無理!」

 

と思うかもしれませんが、あなたにも得意分野があるはずです。

 

その得意分野をいかして、その分野で1番、2番になればよいのです。

 

それが先程から言っている”その場面でもっとも優れた男になる”コツです。

 

人は場面ごとに目立ち方が変わります。

 

仕事のできる人は、職場で目立つでしょうし、運動のできる人はスポーツの試合で目立つでしょうし、勉強のできる人は学校での中間テスト、期末テストの時期に目立つでしょう。

 

人それぞれ目立つ場面が違うのです。

 

なので、あなたはあなたの得意な分野で1番、2番を目指せばよいのです。

 

その得意分野の場面であなたが1番になれば、女性から目立ち、一目置かれるというわけです。

 

 

また、得意分野以外でも日常生活の中で目立つ場面はたくさん作れます。

 

例えば、仲の良い男女の友人とカラオケボックスに行って、その中で1番、場を盛り上げた人になれば目立ちます。

 

仲の良い男女の友人とバーベキューに行って、バーベキューの準備や他の人への指示など1番テキパキこなしていれば女の子から目立ちます。

 

そんな場面でも目立てば女心をつかむことはできるのです。

 

 

 

女性から見たかっこいい男になるには、”その場面で1番、2番で目立つこと”です。

 

あなたの得意分野や1番、2番になれる場面を探してみてください。

 

見つけたら、そこで思いっきり自分をアピールしてみてくださいね〜

かっこいい男になるには関連エントリー

最新記事