好きな人への好意の伝え方

好きな人への好意の伝え方

好きな人への好意伝え方はどうしていますか?

 

よく陥りやすい失敗として、好きな人へ好意の気持ちを”伝えすぎてしまう”ということです。

 

「好きだ!」「好きだよ!」「はい、これプレゼント!」「今度、一緒に食事しよう♪」と好意の気持ちを伝えることは大切ですが、伝えすぎると「あなたは私の何なの?」と引かれてしまいます。

 

まだ、恋人になってない段階の場合は、好意の気持ちを伝えすぎると失敗します。

 

付き合う前は、友達として、適度に好意の気持ちを伝えましょう。

 

 

 

たとえば、好きな人の誕生日に渡すプレゼント。

 

気持ちとしては、あなたは彼女が大好きでダイヤモンドの指輪をプレゼントしたいと思っていても、まだお付き合いしていない段階で、それをプレゼントしても女性心理としては、重く感じ、引かれます。

 

「彼氏でもないのに、こんな高価なもの・・・受け取れないわ・・・」

 

なので、まだ恋人同士でない関係の時は、気持ちはダイヤモンドの指輪を渡したくても、実際にプレゼントするのは、安価なネックレスとかピアス、もっと安いならハンカチとか程度のものにしておきましょう。

 

友達が友達にプレゼントするような値段のものです。

 

付き合う前の好きな人への好意の伝え方は、このように控えめな感じにすることが大切です。

 

 

 

では、告白してOKしてもらって付き合いがはじまったらどうか?

 

恋人になったら、先ほどのダイヤモンドの指輪を渡してください。

 

あなたはもう彼女にとって彼氏なのですから、好意の気持ちをどんどん伝えてOKです。

 

女心は一途な人が大好きです。

 

好意の気持ちをどんどん伝えましょう!

 

 

 

このように好意の気持ちの伝え方は、付き合う前と後では大分違います。

 

あなたの今おかれている状況に応じて、好きな人への好意の気持ちの伝え方を考えてみてくださいね!

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

誘われる男はLINEがうまい!

女性にそのLINEはまだ送るな!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

すんなり女性の心に入れるLINEの仕方


期間(^ω^)限定


好きな人への好意の伝え方関連エントリー

最新記事