女性が困るメール

女性が困るメール

女性困るメールというのがあります。”困る”というのは、”返信しづらい”、”何て返事したらいいの?”と悩ませるようなメールです。メールは”ただ送ればよい”という考え方では、女心をつかむことはできません。マメな男は好きだけど、メールの内容による、ということです。今回は女性がどんなメールをもらうと困るのか?どんなメールならもらって嬉しいか?について女性心理をご紹介します。

 

好きな女性から返信がもらえるメールを送るコツは、女性が”返信しやすい”と思うメールです。メールを送る前に相手があなたのメールをもらってどう思うか?を考えることが大切です。女性心理としては、返信しづらいメールをもらうと何て返信したらよいのか悩むため、返信が遅れるか、または無視してしまうのです。では、どのようなメールが女心としては困るのでしょうか?

 

男によくあるのは、意味のない内容のメールを女性に送ることです。「今日はいい天気だね♪」こんな内容のメールをあなたは好きな人に送っていませんか?機嫌がいいのは良いことですが、このような内容のメールを女性はもらっても嬉しくありません。メールを返信するとしても「そうだね。」くらいなものです。メールを送る時は、女心が嬉しくて返信したくなる内容にすることが大切です。意味のないメールをもらうと女心としては「だから?」と冷めてしまうのです。

 

また逆にあなたが女性からのメールに内容のないメールを返信をすると女性としては困ります。男がよくするのは、”返事だけ”のメールの返信です。「ふーん。」「そうなんだ。」「へー。」こんなメールの返信の仕方をあなたはしていませんか?関心がなさすぎます。女性心理としては、興味をもってくれる人に好意をもちます。”関心がない=興味がない”となり、このような返事だけの返信を繰り返していると女心は少しずつ冷めていきます。女性としては、やはりメールでも会話をしたいのです。女性心理にとってのメールはコミュニケーションツールです。メールでもきちんとした受け答えをしてあげる心構えが必要です。

 

メールは今や恋愛にはかかせないツールですが、使い方を間違えると二人の仲を破局させてしまうツールにもなります。女性は携帯でメールする人も多いです。女性心理でのメールの使い方を理解し、多少は相手に合わせるように努力しましょう!

 

あなたは好きな人が困るメールの送り方をしていませんか?

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

最新記事