夢中になると失敗する恋愛

夢中になると失敗する恋愛

夢中になると失敗する恋愛があるのをご存知ですか?女性を好きになると自分をよくアピールしたい、俺はこんなことができる、こんなに俺はいい男だ!と伝えたいと思います。恋愛で好きな人にアピールすることは大切ですが、やり方を間違えると失敗します。なぜ失敗するのか?これは女心を理解していないとやってしまいがちなことなのです。今回は、夢中になると失敗する恋愛についてご紹介します。

 

女性心理では、恋愛をする心の準備ができていないと”引く”、”拒否する”という態度に出ます。あなたがひとりの女性に好意をもったからといって、仲良くない内にアピールしまくると女心は引いてしまうのです。恋に夢中になると失敗するのは、こんな女性心理から来ています。

 

では、どのようなアピールの仕方をすれば失敗しないでしょうか?まず、女性を好きになってもはじめから好意をアピールしないことが大切です。はじめにもお伝えしましたが、女性心理では”恋愛する心の準備が必要”なのです。まずは、相手の女性に”いい人”と思われることを目指しましょう!または”いい友達”と思われることを目指しましょう!そこから女性の心の隙間に少しずつ入っていきます。

 

相手の女性が好意をもってくれると、次に自分のよいところをアピールした時にその効果がうまくでます。ちゃんと恋愛対象として意識して見れくれるようになるからです。まだ、あなたのことをよく知らない段階で自分のよいところをアピールしても、女心は警戒します。警戒心を解いてから、アピールすることが大切なのです。

 

好きになったからといってすぐ夢中になってアピールすると逆効果です。女性に好意をもつことは悪いことではないですが、夢中になると失敗します。女性に惚れても初めの方は、”惚れていないフリ”をすることが、女心をつかむコツです。

 

あなたは好きな人に夢中になっていませんか?

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

最新記事