女性に話しかけるのが苦手な場合

女性に話しかけるのが苦手な場合

女性話しかけるのが苦手な場合、自分はだめだと思って諦めていませんか?

 

女性に自分から話しかけるのは恥ずかしい、緊張するなど、好きな人ができると意識してしまい、上手に会話できないという人も少なくないと思います。

 

そこで今回は、どうしても女性に話しかけるのが苦手という方のために、あなたから話しかけなくても女性から話しかけてくるテクニックをご紹介します。

 

女性から話しかけてくれれば、何とか会話できますよね?

 

そんな女性から話しかけてくれる話すきっかけを作る方法をご紹介します。

 

 

目立つモノを身につける

 

女性心理では、気になるモノに気が付くとすぐ「これなあに?」とつっこみたくなる傾向があります。

 

女性は気になるモノが無視できないのです。

 

その女性心理を利用しましょう!

 

女性が無視できない、見たらどうしてもつっこみたくなるモノを身につけるのです。

 

ミッキーマウスのハンカチ、オシャレな指輪、変わったネクタイ、おもしろTシャツ、髪の色を変えてみるなど。

 

これであなたから女性に話しかけなくても、向こうから話しかけてきます。

 

「これなあに?」
「これどうしたの?」

 

そこが会話のきっかけ・はじまりです。上手に説明してあげましょう。

 

 

目立つモノを机の上に置く

 

職場などで女性に話しかけられるようにするには、あなたの机の上に目立つモノを置くのもお勧めです。

 

趣味の本やフィギュア、おもしろ文具など。

 

できるだけ女性ウケのよいものを机の上に何気なく置いておくとよいでしょう。

 

女性がたまたまあなたの机の近くに来た時に気が付くタイミングを狙います。

 

手にとってその目立つモノをいじっていれば、女性はつっこまずにはいられません。

 

女性から声をかけてくるきっかけを作り、会話をしましょう。

 

 

今回は女性に話しかけるのが苦手な場合のテクニックとして”目立つモノを身につける、置く”をご紹介しました。

 

この恋愛テクニックをさらに効果的なモノにする方法として、”ギャップを意識する”ことです。

 

あなたがこんなものを持っているなんて意外!」と女性に思わせることで、より女性の食いつき方が違ってきます。

 

例えば、ちょっといかつい顔をした人がキティちゃんのストラップを携帯につけているとか♪

 

「知り合いの子供が誕生日プレゼントにくれた。」などとかわいい理由を説明すれば、女性も納得してくれます。親近感もわくでしょう。

 

こういう目立つモノ、グッズは、あなたの個性と真逆であればあるほど効果的です。

 

恥ずかしがらずに女性ウケのよい”かわいい系”で探してみることをお勧めします。^^

 

これで女性に話しかけるのが苦手でも会話するきっかけをつかめますね!

 

勇気をもって行動しましょう!

最新記事