女の子の誘い方

女の子の誘い方

女の子誘い方で気をつけていることはありますか?

 

女の子をデートや食事に誘うにしても、成功しやすい誘い方と失敗しやすい、断られやすい誘い方があります。

 

もちろん、あなたが好きな女の子に好意をもたれていたら、どんな誘い方をしても成功するでしょう。

 

誘い方のコツなんていりません。でもまだお付き合いしていない、友達関係程度の女の子を誘う場合は、闇雲に誘っても失敗します。

 

今回は、そんなあと一歩の女の子を誘う場合の成功しやすい誘い方をご紹介します。

 

 

 

多くのもてない男の女の子の誘い方は、

 

「今度、食事に行かない?」

 

「次の休みに映画に行かない?」

 

という誘い方をしています。

 

これだと女の子に誘いを断られやすくなるのはわかりますか?

 

理由は、YESかNOで答えられるからです。

 

「食事に行かない?」という聞き方をすると女の子は、”行く”か”行かない”の答えになります。

 

これだと相手の”行きたい”という気持ちが余程強くない限り、あなたの誘いは断られます。

 

YESとNOで答えられる質問の仕方は「ここぞ!」という時は、あまり使えません。

 

では、どのような質問の仕方がよいでしょうか?

 

 

YES、NOではなく、”二者択一”の誘い方をすると女の子の誘いが成功しやすいです。

 

例えば、「食事に行かない?」ではなく

 

「和食と洋食のどっちが好き?」

 

「今日は、お寿司とお肉はどっちが食べたい?」

 

など女の子が興味を引く二者択一で誘うと女心はどちらかを選ばないといけないと思い、誘いが成功しやすくなります。

 

 

また、女の子は誘われるとまず頭に思い描くことは、「どうして?」です。

 

「どうしてあなたと行かないといけないの?」です。

 

女性心理では理由がないと誘いにのらない傾向があります。

 

その疑問を解決する誘い方も成功率を上げます。

 

つまり、女の子を誘う時は、女心が興味をもつ話題を提供することがコツです。

 

ただ「今度、スイーツ食べに行かない?」ではなく、「この間、あそこの交差点の角に新しいカフェがオープンして、そこのスイーツが絶品らしいから今度食べに行こうよ。」

 

このくらい具体的に言うことが、女心をつかむコツです。

 

 

女の子の誘い方は、女性心理を理解していると成功率はグンと上がります。

 

好きな人と恋愛をはじめるには、まずたくさん会話して仲良くなることが大切です。

 

とにかく二人で会話するきっかけを作って、親しくなりましょう。

 

そのために成功率の高い誘い方をマスターしておきましょうね!

 

 

あなたは成功する女の子の誘い方をしていますか?

 

 

女心の本音のしぐさTOPへ戻る

最新記事