特別扱いに弱い女心

特別扱いに弱い女心

特別扱い弱い女心はわかるでしょうか?

 

女性心理では、特別扱いされると優越感を感じ、「この人と一緒にいると心地いい♪」と思います。

 

お姫様扱いされたいのです。

 

でも本当のお姫様みたいに高価な物をプレゼントしたり、高級料理をご馳走したり、女性の召使みたいになったりすることは難しいですよね?

 

女心を特別扱いされている意識にするには、もっと小さな、些細なことで大丈夫です。

 

では一体、どんな態度で女心は特別扱いされていると思うのでしょうか?

 

今回は、女性に”特別扱い”と感じさせる方法をご紹介します。

 

 

気遣い、声をかける

 

この態度で女心が特別扱いされている意識をもつのは少し弱いですが、ボクシングのジャブみたいなもので、日頃から女性への気遣い、声かけをしていると少しずつきいてきます。

 

逆に言うと女性に声をかけない、気遣いしないよりはした方が、あなたを意識するきっかけになるからです。

 

女心に”特別扱い”を感じさせる基盤作りみたいなものなので、日頃から気遣いや声をかけるように心がけましょう。

 

 

「君だけに言うけど・・・」と秘密の話をする

 

秘密の話を打ち明けるというのは、特別な人にしかできないことです。

 

「ここだけの話ね、、、」という話をすると女心も即「あたし、特別扱いされている!」と思います。

 

その瞬間、恋のスイッチが入ったりするのです。

 

このように特別扱いしている、特別な存在だよというサインを秘密の話をすることで伝えます。

 

これはわかりやすく、しかも効果的な特別扱いで女心をつかむ方法の1つです。

 

 

ちょっとした悩みを話す

 

あまり重い悩みだと女性も引くのでいけませんが、軽い悩みなら女性も聞いてくれます。

 

そして悩みというのは、なかなか他人には話さないものです。

 

先程の『秘密の話をする』とかぶりますが、悩みの話もされた女性は直感的に特別扱いされている、特別な存在と思われていると感じます。

 

日頃から雑談で悩みの話をしていたら、効果は薄れますが、二人きりになった時などに小さな悩みを打ち明けるとそれをきっかけに二人の距離が一気に縮まったりします。

 

チャンスがあれば、好きな女性に小さな悩みを相談、打ち明けてみましょう。

 

 

弱みを見せる

 

普段、堂々としていて強いイメージをもっている男が、二人きりになった時にいきなり弱みを見せられると、女心はそのギャップにコロリと落ちてしまうことがあります。

 

「この弱い姿、落ち込んでいる姿は今まで見たことがない!」

 

「私にしかこの姿は見せていない!」

 

と思うからです。

 

こういう弱いしぐさ、弱みを見せることで女心は勝手に「あたし、特別扱いされている、特別な存在なんだわ♪」と思ってくれます。

 

少しかっこ悪いと感じるかもしれませんが、女心をつかむのには効果的な方法です。

 

 

 

女性心理がどんな男のしぐさに特別扱いされていることを感じるかご理解いただけたでしょうか?

 

どれもお金をかけずにちょっとしたしぐさで、女心に特別扱いされていると感じさせることができます。

 

1回ではなかなか難しいので、チャンスを見つけて何度かチャレンジしてみてください。

 

女性との距離が近くなってきているのを感じたら、それは女性があなたを意識している、好意をもっている脈ありサインです。

 

告白してお付き合いしましょう。

 

そうなるまで、今回ご紹介した態度を多少、間をあけながら女性に見せてみてください。

 

女性は徐々にあなたを意識しだし、あなたのことが頭から離れなくなりますよ♪

なぜ女性はLINEを無視する?

諦めるのはまだ早い!

もう1度好意をたぐり寄せるLINE術「特集」

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑


特別扱いに弱い女心関連エントリー

最新記事