軽く好意の気持ちを伝える

軽く好意の気持ちを伝える

女性が恋愛対象かどうかを判断するポイントの1つに”自分に好意をもってくれているか?”というのがあります。

 

女性心理としては、自分に好意をもってくれている人に好意をもつ傾向があるからです。

 

ということは、好きな女性には好意の気持ちを伝えることが女性を口説く上での1つの方法と言えます。

 

ただ、あまりにもストレートに「好きだ!付き合ってくれ!」と伝えるとうまくいくこともありますが、タイミングを間違うとそれっきり口をきいてくれなくなる危険性もあります・・・。

 

なので、まだそんなに親しくない場合は、軽く好意の気持ちを伝えるのがよいでしょう。

 

”軽く好意の気持ちを伝える”とは、女性に「好きだ!」と言うわけではないけれど、女性が「この人、あたしのこと好きなのかも・・・」と思わせるような言葉を言うということです。

 

よくある方法としては、

 

彼氏いるの?

 

という質問をしてみることです。

 

女性「いいえ、いないけど・・・どうして?」

 

あなた「いや、別に・・・。」

 

この「彼氏いるの?」の質問は、あなたの好意の気持ちを女性にストレートに伝えてはいませんが、女性の頭の中では、「え、どうしてあんなことをあたしに聞いたのかしら?もしかしてあたしのこと・・・好き?」と妄想が広がります。

 

女性の頭の中は、あなたのことでいっぱいになるのです。

 

女性の頭の中をあなたのことでいっぱいにすれば、次第に女性もあなたのことが気になりだし、恋愛に発展しやすいというわけです。

 

このように軽く好意の気持ちを伝えることで、恋が成就しやすくなることをうまく利用して好きな人にアプローチしてみてください。

 

軽く好意の気持ちを伝えるセリフは、「彼氏いるの?」以外にも

 

「休みの日は何しているの?」

 

「趣味は何?」

 

「一人暮らし?」

 

「今、好きな人いるの?」

 

など、好きな女性のプライベートに関することを聞けば、たいていOKです。

 

プライベートに関する質問をすると女性心理としては、「なんでそんなこと聞くの?」と頭の中にクエッションマークが浮かぶからです。

 

クエッションマーク = 「あたしのこと、もしかして好き?」になるのです。

 

質問する時は、少しプライベートにつっこんだ質問をしてみましょう。^^

 

ただし、あまり突っ込みすぎる質問をしたり、根掘り葉掘り連発して質問していると引かれたり、ストーカー扱いされたりするので、その辺はご注意ください。^^;

 

この軽く好意の気持ちを伝えるテクニックで、好きな人をゲットしてくださいね!

なぜ女性はLINEを無視する?

諦めるのはまだ早い!

もう1度好意をたぐり寄せるLINE術「特集」

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑


軽く好意の気持ちを伝える関連エントリー

最新記事